2014年7月アーカイブ

ラクトフェリン 効果 2

ラクトフェリンは便秘解消やダイエット効果があるとして注目されていますが、抗菌作用があることもラクトフェリンの効果として注目したいポイントです。
ラクトフェリンの抗菌作用は、アレルギーを抑えたり、口の中の細菌や、水虫の原因となる細菌の繁殖を抑える効果があります。

便秘解消やダイエットばかり注目されがちですが、アレルギーを抑えてくれる成分として注目されている成分です。ラクトフェリンはアレルギーの発生の元となるIgE抗体の働きを弱めてヒスタミンの生成を減少させて、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑える効果があります。

アレルギー症状を改善させる効果の他にも、口内の細菌の繁殖を抑制してお口のトラブルから守ってくれます。
口の中にはたくさんの細菌が生息していて、歯磨きだけでは完全に細菌の働きを抑えることができないので、細菌が繁殖してしまうと歯周病になったり、口内炎になってしまいます。

この症状の他にも、口の中のネバネバ感も細菌が繁殖している結果ネバネバ感を感じてしまうのです。この口の中のトラブルから守ってくれるのがラクトフェリンです。ラクトフェリンを摂取することで自然と身体全体の細菌に作用して症状を改善させてくれます。
ラクトフェリンの抗菌作用は腸内の悪玉菌だけではなく、身体中の細菌を抑制してくる注目されている成分として、様々な研究機関で研究が行われています。今後の研究結果が期待される成分です。

このアーカイブについて

このページには、2014年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年5月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。